エアアジア搭乗記 羽田からクアラルンプール乗継でバリ島へ


9月にインドネシアのバリ島に旅行に行ってきました♡
バリ島までの航空券を探していた時、行きはLCCのエアアジア、帰りはガルーダインドネシア航空という1人4万円台の航空券を見つけました。行きも帰りも1回ずつ乗継はありますが、バリ島往復チケットの中ではかなり安い料金です。

行きのエアアジアは、夜羽田発、朝クアラルンプール着、乗継時間を経て夕方クアラルンプール発、夜9時バリ島に到着のルートでした。今回初めて乗ったエアアジアの羽田からバリ島までの様子をレポートします。

LCC エア アジア

エアアジアはマレーシアの格安航空会社。Xがつくのがクアラルンプールを拠点にしている長距離線のLCCです。
羽田からクアラルンプールまではエアアジアX、クアラルンプールからバリのデンパサールまではインドネシア・エアアジア運航の飛行機でした。

羽田空港のエアアジアチェックインカウンター

img_9959
羽田空港のエアアジアチェックインはKカウンター。
国際線は受付開始が出発の3時間前から。20時半頃にカウンターに行くと少し列ができ始めていて、並ぶ列はWebチェックイン済みとWebチェックインしていない列と別れていました。Webチェックイン済の列の方が短かったように見えました。
カウンターではクアラルンプールまでとバリまでの2枚の搭乗券を受け取り、預けたスーツケースはバリで受け取りです。

エアアジアのウェブチェックイン
エアアジアではフライトの14日前からWebチェックインをすることができます。私はAirAsiaのモバイルアプリをダウンロードして事前にチェックインしていました。チェックインするとQRコードをもらえて自動チェックイン機で搭乗券を印刷できるとHPに書いてありますが、羽田空港にはエアアジアの自動チェックイン機は見当たりませんでした。

23:45 エアアジアXでクアラルンプールへ出発

羽田→クアラルンプール
エアアジアX523便
出発:23:45
到着:06:10
飛行時間:7h25m
座席:39A,39B

エアアジアの機内食

羽田-クアラルンプール線の機内食のメニュー。マレーシア料理のナシレマやカレーなど。値段は25マレーシアリンギットなので600円くらいです。機内で直接購入することもできますが、ネットで事前予約すると無料の飲み物が付いてくるみたいです。
今回は深夜便ということもあり機内食を注文している人は周りにいませんでした。私たちはこの時は購入しませんでしたが、乗り換えの便では機内食を食べました。

06:10
マレーシア、クアラルンプール国際空港(klia2)に到着

img_6060

朝6時過ぎクアラルンプールに到着。日本とクアラルンプールの時差は1時間なので、7時間ちょっとのフライトでした。
klia2はLCC専用の発着ターミナルです。

クアラルンプールでの乗継時間を利用して
マレーシアに入国&市内観光へ!

マレーシアに入国してクアラルンプール市内観光へ行きたかった私たちが選んだ便は、乗継11時間!
弾丸観光の様子はまた別の記事に載せる予定です♡

17:55 クアラルンプールからインドネシア、バリ島へ出発

img_9956
クアラルンプール→バリ
エアアジア370便
出発:17:55
到着:20:55
飛行時間:3h
座席:26F,26E

img_9955

機内は少し寒いので、ストールなどを持って乗るといいと思います。

機内食を購入してみました

飛行機に乗る直前は何も食べる時間がなかったので、残っていたマレーシアリンギットで機内食と飲み物を購入しました!事前予約はしていなかったので、CAさんに直接言って購入。チキンカレーが15MYRでビタミンウォーターが8MYR。
19時くらいでちょうど夕食の時間だったからか、機内食を買っている人がたくさんいました!

エアアジア機内食は美味しい!

img_9952

美味しかったナシダガン・チキンカレー(マレーシア風カレー)。
他の航空会社の機内食よりも全然美味しいと思いました。日本発着便よりも値段は10MYRも安く、370円くらいです!

機内での支払いはクレジットカードは使えず現金払いのみなので、マレーシアの通貨が残っていなかったら買えないところでした。日本発着便なら日本円で払うことができるけれど、クアラルンプールーデンパサール線は、マレーシアリンギットで払う必要があります。なのでやはり事前にネットで予約しておく方がおすすめです。私もまたエアアジアに乗る機会があれば今度はネットで注文しておこうと思いました。

20:55
バリ島のデンパサール・ングラライ国際空港に到着!

img_6068

エアアジア 羽田からバリまでの航空券代

航空券はエクスペディアで購入しました。

羽田‐クアラルンプール‐バリ 片道
航空券代+税+サービス料 31,800円
手荷物1個 5,700円 20kg
座席指定 4,380円
手数料 2,000円
合計 2人で43,880円(1人21,940円)

チケットを取るときに荷物の数や座席指定をするかなど選択していくのですが、荷物を預ける場合は1個5700円。高いので、預け荷物は1つだけにしました。カップルで旅行に行く場合は、スーツケースは2人で1つにすると荷物代が節約できます。

座席指定は1人HND-KUL線の標準シートで1,690円、KUL-DPS線の標準シートで500円かかります。
私はいつも空から景色を見たくて窓際の席を選択しているのですが、今回ほとんど夜の便だったので、外は当然真っ暗!わざわざ4380円もかけて座席指定する必要はあまりありませんでした。

LCCでちょっとでも航空券代を安くするには、預け荷物はしない or 2人で1つにする、座席指定はしないなど考えて購入することが大切です!

まとめ

エアアジアに乗ってバリ島まで行くには乗継はありますが、ちょっとでも航空券代を安くしたい!バリ島だけじゃなくてクアラルンプールでも観光したい!という方にはおすすめです。エアアジアのいいところは羽田から出発できるところ!バリ島まで直行便のガルーダインドネシア航空もありますが、出発は成田からです。

エアアジアで行くメリット
チケット代が安い◎
羽田から出発できる◎
機内食が美味しい◎

デメリットは
乗継がある△
バリ到着まで時間がかかる× です。

直行便に比べると移動時間が長くなってしまうのがデメリットですが、やはりチケット代が安いことが最大の魅力♡
エアアジアを利用することは、お得にバリ島に行く方法の1つだと思います。

Chika


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA